読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リトル・バイ・リトル

0歳の女の子を育てながら暮らしています

悪阻のツラさは体験した人にしか分からないよね

マタニティーライフにつきものなのが「悪阻」

みんな簡単に「悪阻」とか言うけれど、あれは経験したことのない人にしか分からない辛さだと思う。

それはそれは気持ち悪くて、電車に乗ることがまずツライ。
会社までは6駅の場所に住んでいたけれど1駅か2駅か進んでは途中下車をして、ベンチで休んでまた電車に乗り込む、なんてことをしていた。
そして、会社に着いても席に座っているだけで精一杯なんて日もあった。
今となっては申し訳ないと思えるけれど、本当に最低限の仕事しかしていなかったです。

何か食べていないと気持ち悪いんだけれど、食べるとまた気持ち悪くなるという悪循環。
そんな中味方してくれたのが、トマトとマクドナルドのポテト。
特に、トマトはタッパーウェアに詰め込んで常に傍に置いておいた。
寝る時は枕元に置き、気持ち悪くて目が覚めたらトマトをかじる。仕事中もかじる。

安定期でない頃、同僚にはトマトダイエットでもしているんじゃないかと思われていたくらい。

 

そして、週に2〜3回はマックにポテトを買いに行ってた。

何でか分からないけれど、他のファストフード店のポテトは嫌でマックのポテトが良かった。

飲み物も冷たいお水しか飲みたくなかったから、頼むのはポテトのSサイズ。それだけ。

 

自分的にはしんどかったけれど、悪阻で会社を休んだことは2回しかないから、きっと軽い方だったんだと思う。

悪阻が酷くて全然会社に来れない人なんて、本当にどうしようもなく辛いんだろうな。

 

自分が妊娠するまでは全然気が付かなかったけれど、電車に乗っていたりするとマタニティーマークを付けている人を良く見掛ける。

妊娠する前は分かっていなかったけれど、お腹が出ていない悪阻の時期と臨月が1番しんどい。

今は自分が電車で座っている時は、周りをなるべく1周見渡して妊婦さんがいないかチェックするようになったくらい。

環境の変化は自分をもつくづく変えてくれる。