読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リトル・バイ・リトル

0歳の女の子を育てながら暮らしています

予定日を過ぎても生まれてい我が子

f:id:ikutsumono:20150127162305j:plain

愛娘は予定日を10日過ぎて、ようやく産まれてきた。

 

臨月の検診の時に、「予定日より早く産まれるかもね」と言われていたので、スッカリその気なり、「明日には産まれるかもしれない」とワクワクしていた。

前駆陣痛があると、「産まれそうな気がする!」と夫に報告し、満月や雨の日はお産が進むと言われれば天気予報をチェックして、これまた夫に報告する。

 

そんな日々が2週間くらい続き、どんどん大きくなるお腹を抱える私はあっさりと予定日を迎えてしまった。

 

早く我が子に会いたい一心で、毎日1時間は散歩をし、せっせとスクワットや階段の上り下りを繰り返したりもしたけれど、陣痛の気配は全くやってこない。

夫からは「オレオレ詐欺ならぬ、産む産む詐欺だな笑」とジョークを飛ばされることにも慣れてきてしまった。

 

予定日を1週間過ぎた日、陣痛促進剤を打ちましょうね。入院セットも持ってきて下さいといわれ、いよいよ出産だ!と、意気込んで病院に向かう。

夫も朝から新幹線に乗って病院まで駆けつけてくれた。

 

そして、いよいよ朝9時から陣痛促進剤を開始。

緊張と好奇心が入り交じった何とも言えない気持ちの中、お腹の張りが定期的にやってきた。

けれど、陣痛の痛みとはほど遠く、サンドイッチを食べたり夫と談笑する余裕がある。

「あれ?陣痛ってもっとヒッヒッフーみたいな壮絶なイメージだよね」とか言いながらあっという間に夕方になってしまった。

すると先生がやってきて「今日は無理そうだから、やっぱり家帰ってまた明後日にしよう」と言うじゃない。

 

もう、本当に産まれるのかしら。本当にお腹に赤ちゃんいるのかしら。(いや絶対にいるし、絶対産まれるけどね)

そんなことをブツブツと言いながら家に戻った。

 

そして2日後。

2回目の陣痛促進剤を明日に控えていた夜、陣痛はやってきた。